事務所移転 ~引越しそば~

「引越しそば」は江戸時代中期に江戸を中心に始まった慣わしだそうです。

引越し先に荷物を運んだら、家主と向こう3軒両隣に引越しのあいさつとして蕎麦を配っていたのだとか。

向こう3軒両隣ですから、自分の向かい側3軒と両隣2軒の5軒に挨拶していたようです。

「おそばに末永く」 、 「細く長くお付き合いを宜しく」

という意味を込めて配るようになったのだそうです。

私どもの事務所は今年9月に引越し致します。

三井不動産㈱の「日本橋室町三丁目地区再開発」によるものです。

この計画では5年後の平成31年(2019年)3月に26階建ての巨大なビルが誕生するそうです。

思えば平成12年(2000年)に日本橋本町で開業してから14年。

現在の日本橋室町から今度の日本橋本石町へと2度目の引越しとなります。

引越し後も変わらず「おそばに」「長くお付き合い」をどうぞ宜しくお願いいたします。

[PR]
# by niwa_kaikei | 2014-07-10 18:28

夢の実現とは ~本田圭介選手の卒業文集より~

先日、本田圭佑のセリエA・ACミラン移籍が決まりました。

夢や目標は「いつ? 何を?」が具体的であることで実現するのではないでしょうか?

卒業文集はまさに将来を予言しているようです。

『 将来の夢 』

ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。

世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。

だから、今、ぼくはガンバッている。

今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。

Wカップで有名になって、

ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。

そしてレギュラーになって10番で活躍します。

一年間の給料は40億円はほしいです。

( 中 略 )

世界中のみんなが注目し、

世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。

セリエAで活躍しているぼくは、

日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。

ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。

( 出典:「本田圭佑の卒業文集すごいと話題に」 )


夢を実現するためには、具体的な目標と行動が大事ですね!
[PR]
# by niwa_kaikei | 2014-01-02 18:33

勝つことを、あきらめる?!

先日、女子ゴルフの賞金ランクが確定して、

森田理香子が獲得賞金1億2667万5049円で賞金女王に輝きました。

なんと2位の横峯さくらと約130万円の僅差の勝利でした。

まだ、接戦の最中にとある新聞記事で横峯さくらのコメントが掲載されておりました。

『 勝つことを、いったんあきらめる。

 勝つと思うな! 

(高い)目標に自分を合わせようとせず、

 現状を受け入れてありのままにプレーをする! 』

日常生活においても経営においても、

現実をしっかり受け入れることは、

とても大切なことです。

そして、ピンチのときこそ、起死回生の一発逆転ホームランを狙うのではなく、

今できることを着実に実行し、

チャンスをじっと待つことが大事なのではないでしょうか。

ひょっとすると、「勝つこと」よりも「負けない」ことが、大切なのかもしれません。

残念ながら、横峯さくらは僅差の2位になってしまいましたが、

今後が期待されます。
[PR]
# by niwa_kaikei | 2013-12-02 18:38

ゆでガエル

ところで、先日、

「いつやるの?」、「今でしょ!」の学習塾の某先生があるテレビ番組に出演していました。

先生曰く、 「失敗する3つの法則」があるのだそうです。

   1. 情報不足

   2. 慢心

   3. 思い込み

とすれば、「失敗」は、まさに「ゆでガエル」状態に起こるのではないのでしょうか?

ご存知だとは思いますが、

「ゆでガエル」とは、

まず、カエルを熱いお湯に入れると驚いて飛び跳ねる。

次にカエルを常温の水にいれ、

ゆっくりと徐々に熱していくとその水温に慣れていく。

そして熱湯になったときには、

もはや跳躍する力を失い飛び上がることすらできずにゆで上がってしまう。


「アベノミクス」効果や消費税増税などの影響下、

近い将来は外部環境が大きく変化している可能性が高いと思われます。

そんな変化の進行過程において、

「ゆでガエル」状態にならない感覚が要求されることでしょう。

「まさに今!」緊張感を持った経営の舵取りが求められる時代といえます。

[PR]
# by niwa_kaikei | 2013-07-15 18:50

幸せの 「 は ひ ふ へ ほ 」

料理の味付けの手順で有名な「さしすせそ」はご存知かと思います。

「さ」=砂糖、「し」=塩、「す」=お酢、「せ」=醤油、「そ」=味噌

では、幸せの「はひふへほ」は、ご存知でしょうか?

「は」・・・・・半分でいい
「ひ」・・・・・人並みでいい
「ふ」・・・・・普通でいい
「へ」・・・・・平凡でいい
「ほ」・・・・・程々でいい


事務所では、毎週月曜日の朝礼で今週の一言を当番制により順番に話をしております。

上記は最近何かと頑張っているとある女性社員が朝礼でスピーチした内容です。

出典は不詳だそうですが、とても良い言葉なのでここにご紹介させていただきます。

昨今は、こういう言葉が“じーん”と心に染み入ります。
[PR]
# by niwa_kaikei | 2012-07-31 13:47

あけまして おめでとうございます。

新年 あけましておめでとうございます。

さて、最近、お寺や仏像を見ていると心が落ち着くようになってきました。

これも、齢を重ねた自然の摂理と実感いたしております。

昨年は、京都の龍安寺に行ってきました。

有名な石庭は言うまでもなく見事なものでした。

ご存知とは思いますが、その庭の裏側に「つくばい」という石造りの手水鉢がひっそりとあります。

真ん中の四角い形の水受けを「口」の字に見立てて、

上下左右に次の漢字を読むことができるように文字が配置してあります。 
         
「 吾(われ) 唯(ただ) 足(たる を) 知(しる) 」

昨年は、物質的に恵まれ、便利で、そして平和な世の中で、

この「足るを知る」ことの大切さに改めて気付かされました。

ちなみに、水戸光圀の寄進とも言われており、

「知足のものは、貧しといえども富めり、不知足のものは、富めりといえども貧し」

という釈迦の「知足」の心を図式化したものだそうです。

本年も皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

平成二十四年 元旦
[PR]
# by niwa_kaikei | 2012-01-01 08:15

”失敗(ミス)”について!

とかく人間のなせる業には、”失敗(ミス)”がつきものです。

仕事上のミスについては、ミスを起こした人自身に対する叱責より、

ミスそのものにスポットを当てることが重要だと、私は思っております。


そして、その後の対応としては、次の3つ・・・

①なぜ、そのミスが発生したのか?・・・発生原因の究明!

②発生後については?・・・事後の速やかな対応策の検討!

③再び発生しないための策は?・・・再発防止策の検討!



失敗の発生原因については、

たまたま、あるいは、本来はやるべきことを怠った・・・などなど

こうした場合にかぎって、

考えもしなかったような初歩的なミスが、たまたま起こるのかもしれません。


どんなに完璧なマニュアルを作ったとしても、

所詮、人間が行うとなれば、自ずと限界があるといえます。


こうした、あるべき手順をきちんと守られなかったことが発生原因だとしたら、

ミスを起こした人自身にもスポットをあて、

「その業務を遂行する人の意識(モチベーション)がどのような状態か?」

について、

未然に、しっかりと上司が把握しておき、

しかるべき対応策を講じておくことも重要なのでしょう!
[PR]
# by niwa_kaikei | 2011-11-02 00:06

”月間目標”

11月の月間目標・・・

それは、 「優先順位をつける!」

です。(毎月、私が、勝手に命名してますが・・・。)

とかく、目の前の仕事に全力投球する!!

それが、とても素晴らしいことであることについては全く異論はありません。

しかし・・・

「本当に重要ななことは何か?」

ということを真に意識してますか?

4つのマトリックスを作るとよくわかります。(どこかで聞いた話ですが・・・。)

例えば、横軸に”緊急性

縦軸に”重要性”とすると、

①緊急性が高い、重要性が高い
②緊急性が高い、重要性が低い
③緊急性が低い、重要性が高い
④緊急性が低い、重要性が低い

に区分できます。

とかく、緊急性にとらわれていると、①はともかく②に忙殺されてしまいます。

意外と、曲者は、②かもしれません。

②よりも③をしっかりと意識できるかどうかがポイントでしょう!

そして、④については言うまでもありませんよね!

とかく、

「忙しい!、忙しい人!」と言っている人は、

自分の仕事の手順をもう一度見直してみてはいかがでしょうか?

「優先順位!」

それを意識することは、仕事を進める上でとても重要なこでとしょう!
[PR]
# by niwa_kaikei | 2011-10-31 23:53

"BCP"

"BCP"ってご存知ですか?

日本語で、「事業継続計画」といわれるそうです。

本日における私どものセミナーにおいて、私自身が感じたことをお伝えいたします。

危機管理対策における事業継続についての手順は、

①まず、自社における分析を行い、事業における優先順位をつける。

②仮の想定を行い、優先順位に基づき必要最低限の対応策を検討する。

③当事者において、上記情報を、事前に共有し、実行できる状況にしておく。

上記対策を、備えておくことで”事業継続”を図るというものかと・・・。

つまりは、事前に想定をしておき、それに対応できる状態を作っておくことと・・・・。

ただし、それが、高いすぎる想定だとすると、それに対する対応策が検討できなかったり、

あるいはそれ以上、進まなかったりして、立ち消えになることも・・・。

よって、まずは、それほど高いレベルではない状態で、

仮の想定に基づく”BCP”の作成が必要なのだと・・・。

いづれにしても、自社における最優先順位をしっかりと見定め、

有事において

”何を最優先し、何を切り捨てるか”


を日頃より、見極めておくことが重要でしょう!。
[PR]
# by niwa_kaikei | 2011-10-28 00:27

日曜日の朝は・・・

日曜日の朝は・・・・

少し早起きして、「テニス」をしてます。

正確には、近所のテニススクールで汗を流してます。

もうかれこれ7年くらいになります。

朝7時から9時までの2時間で、

1時間30分はコーチとのスクールレッスン、

その後の30分はスクールの生徒たちだけで試合をします。

これが、なかなか気持ちのいい汗がかけます。

しかも室内で冷暖房完備!

夏は涼しく、冬は暖かくと・・・

なんと、贅沢な環境!!

気がついたら、私のテニス暦も30数年・・・

未だに、技術上における悩みは尽きません

きっと、永遠の課題でしょう!

たまに決まる、まぐれのような”ナイスショット!”の残存イメージが、

私にとっては、

翌日以降の仕事上における大きな”活力源”の一つになっていることは、

間違いありません。
[PR]
# by niwa_kaikei | 2011-10-23 09:30