<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「時間割引率」とは?

「『時間割引率』とは、将来の富と現在の富とが、
どの程度で均衡するかということを示す指標だ」

(「人生に失敗する18の錯覚」加藤英明、岡田克彦 共著より)

著によれば、「マシュマロ実験」というものがあるそうです。

ここに、ご紹介いたします。

2~3歳の子供に、

「ここにマシュマロを置いておきます。

君が今食べてもいいし、僕が帰ってくるまで待っていてもいいよ。

もし、食べずに待っていたら、もう1個あげるよ。

でも、食べてしまったら、それでおしまいだよ!」


さて、皆さんは、どうしますか?


時間割引率の高い子供は、

「今、食べたい!」

といって、”今”食べてしまいます。

一方、時間割引率の低い子供は、

「今、食べたい!」

という気持ちを抑えて我慢します。


さて、こたえはと言うと・・・、


この実験では、被験者の将来を追跡調査したそうです。

結果は、

社会的地位、家庭生活のすべての面において、

明らかに一方の方が、優れていたという結果だったそうです。



「時間割引率の低い子供」 、

つまりは、

「将来の楽しみのために、現在を我慢するという態度」こそが、とても重要であった。


のだそうです。


人としてとても深い人間性を諭してくれいていますね!
[PR]
by niwa_kaikei | 2011-02-05 17:41

リーダーの資質

『国でも企業でも財政こそ存亡の要である。
無私の精神で理想を追求し、
評価を後世に委ねるリーダーの存在が、
日本の再勃興には不可欠である。』

国家百年の計に長期戦略を持って取り組むリーダーの存在こそが国力である。』

『将来を見越して今は理解者が少なくても実行すべき施策を実行し、
次世代になって初めて評価されるリーダーの存在が必要なのは、国も企業も同じである。』

~「日経新聞 大機小機(H23.2.3)」より~


国も、企業も厳しい舵取りが要求される中、
リーダーの資質が、
まさに厳しく問われるのではないでしょうか。
[PR]
by niwa_kaikei | 2011-02-03 08:11

「 微差の積み重ねが大差となる。 」

「 微差の積み重ねが大差となる。 」
簡単なこと、単純なことこそおろそかにすべきではない。
それらを極めることが、結果として、大きな力となる。
 『凡事徹底~平凡を非凡に努める~』 鍵山秀三郎著より

今年の年賀状でご紹介させていただいた言葉です。

昨日、テレビ番組「ガイアの夜明け」でJAL(日本航空)についてやってました。

会社更生法を申請し再建中で、昨年年末には厳しいリストラを断行したとのことです。

残った社員たちは、稲盛会長の下で意識改革を行っていました。

中でも、機長の意識改革に目を見張りました。

機長の仕事はいうまでもなく安全運行に他ありません。

ただし、機長と顧客との接点には機内アナウンスもあります。

これまでは、マニュアルどおりの無味乾燥なアナウンスだったと思います。

機長の意識が変化すると、

機長が自らアナウンスの言葉を考え、

自分の言葉で心から顧客に対する感謝の気持ちなどをその中で伝えるようになったそうです。


その後のある日、クレーム対応の部署では、毎日たくさんのクレームがある中に、

機長の機内アナウンスに対する感謝や励ましの言葉が届いた手紙を見ながら、

感激している機長や社員の姿が映し出されて、

その番組は締めくくってました。


ちょっとした一言、ちょっとした行動 を

みんなが意識し、行動することで

会社が大きく変わっていくのだと。



今年の4月より翼のマークもかつての鶴のマークに戻すとか。

JAL今後に期待し応援したいと思いました。
[PR]
by niwa_kaikei | 2011-02-01 23:33