<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「プロボノ」とは?

「プロボノ」という言葉をご存知ですか?

ワールドサテライトニュースで特集してましたのでご紹介します。

ボランティアとは、「時間」を提供し、

寄付とは、「お金」を提供します。

では、

プロボノとは、

スキル

を提供するのだそうです。


スキルを持っている人たちが集まって、

互いのスキルを融合し、

社会貢献を行う活動です。


世界的には、浸透している活動なのだそうです。


こうした活動に参加した人たちは、

さまざまな人たちの新たな出会いが生まれるという利点だけでなく、

自分のスキルを無償で提供して社会貢献できるとともに、

さらに自分自身のスキルを磨くことができる

というスキルアップも図れるのだそうです。


ボランティアというと、自分の時間を提供する活動と思いがちですが、

さまざまな人たちが自分の持つ専門性を出し合う

プロボノ

という「奉仕活動」に、とても興味を覚えました。
[PR]
by niwa_kaikei | 2010-04-28 00:06

知識創造行動とは?

「社内をふらふら歩く」

「軽く話す」

「真剣勝負の討議をする」

などの職場における行動は、どのように考えますか?


ニューオフィス推進協議会によると、

こうした行動は、「知識創造行動」と定義するそうです。

この「知識創造行動」が行われている割合が高い企業の方が、

低い企業よりも営業利益の水準が高いのだそうです。


また、

企業が成長するためには、

「感性や創造性を育てアイデアが膨らむ職場環境が必要」

と同協議会は指摘しています。(日経新聞掲載記事より)


人間一人の力は限られているため、

皆で助け合って、力を結集できる組織が理想だと思っています。


職場内において、仕事を一人で抱えて努力する成果よりも、

職場内において、皆で知恵を出し合って、叡智を結集する方が、

はるかに良い結果を、

より楽に、

より楽しく

よりいい成果

をもたらすこととでしょう。


さあ、これから「知識創造行動」をしようではありませんか!!
[PR]
by niwa_kaikei | 2010-04-19 23:04

内定塾!

今朝、NHKニュースで、「内定塾」なるものを放送をしていました。

つまり、就職活動における「内定」のための塾です。

費用も15万円前後だったと思いますので、学生にとっては大金です。

かつて「how to」 の本がはやっていた頃では、「面接の達人」なる「書籍」だったかと思います。

それが進化して、「塾」となるといよいよそこまで来たな・・・。という感じです。

今後は、社会人になった後、

「仕事の進め方」塾、「接待の仕方」塾、「出世の仕方」塾・・・などなど

の塾も登場するのでは、と思わず想像してしまいました。

(ひょっとすると、もう既にあったりして・・・!?)

ところで、その、「内定塾」なるものの内容については、

思ったとおり、面接の受け答え方などの指導を手取り足取りしてくれるものでした。

これでは、人事の面接官は模範解答ばかりになり、個性がなくなってしまい大変だと思ってしまいました。


ところが、・・・・です。


救われた気になったのは、そこからで、講師が次のように指導していました。


「人生観」、「職業観」を自分自身でしっかり考える!!


そして、心の中の思いのたけを、面接官にぶつける!


のだと。

講師のこの言葉を聞いて、思わず「ホッ!と」した気分になったのは私だけでしょうか?


まさに、そこが就職活動で一番大事なポイントだと思います。

理想的なことを言えば、

就職活動とは、会社に入ることが最終目的である「就社」ではなく、

自分の就きたい職業を探す「就職」なのでしょう。


塾などで面接の仕方だけを習い、作戦を考えることだけではなく、

自分自身で自己をしかり見つめ、

考え抜いて自分自身を出来る限り発見することが大事なのではないでしょうか。
[PR]
by niwa_kaikei | 2010-04-06 23:05