余生はいらない!・・・伊能忠敬

伊能忠敬といえば日本地図を作った人物として有名です。

50歳になって家業を長男に譲り、

幼少より好きだった天文学を学ぶために20歳も年下の師匠に弟子入りし、

55歳で全国各地の測量を始めたそうです。

意外だったのは真の目的は日本地図ではなく暦の作成だったというのは驚きです。

正確な地図を作ることで地球の大きさがわかり精度の高い暦がつくれるという理由。

つまり暦のついでが日本地図だったとは!

ただし、全国各地を測量するためには

江戸幕府の許可が必要との大義名分としての日本地図

だったようです。

とはいえ73歳でこの世を去るまでの移動距離は、

なんと4万キロ、地球一周

とも言われております。

とにかく凄いパワーですね!

『 夢を持ち、前へ歩き続ける限り、余生はいらない 』  (伊能忠敬)

「何かを始める」、「何かを学ぶ」に際して

「年齢」は、一切関係ないですね! 

見習いたいと思っております。
[PR]
# by niwa_kaikei | 2017-01-11 14:59

ほんの少し視野を広げると・・・

私事ですが、今年の7月にすぐ近くに引越しをしました。

引越しとはいえ地図上でいうと同じ場所、「1つ上の階」です。

間取りもほとんど同じなので、部屋の中にいると全く実感はありません。

ただ、外の景色はといえば、今まで見えなかった景色が見えたりと・・・。

たった1フロアー違うだけで景色は思っていた以上に異なっていました。

「ほんの少し視野を広げる!」

というのはこういうことを言うのでしょうか?

昨今は、「英国EU離脱」、「トランプ米国大統領」など

想定外の結果が世界各地で起こっています。

ほんの少しの視野を広げ、先入観にとらわれずに様々なことを想定しておくことが、

これからの時代においてとても大切なことだと実感しております。
[PR]
# by niwa_kaikei | 2016-08-11 14:51

念ずれば通じる!

先日、第113番目となる元素が発見され
『ニホニウム』
と命名したとの報道がありました。

日本で発見された初めての元素で、
日本科学界における悲願の達成といわれ、
今後の公募等を経て年内にも正式決定する見込みです。

将来、教科書の元素の周期表にも載るようです。

世紀の発見までの9年間は苦難の連続! 

400兆回の実験の末、
成功結果は
『たった3個!』。

発見した森田浩介教授(九州大)には、
ずっと続けていた“験担ぎ”があったそうです。

例えば、
「神社のさい銭は必ず113円」、
「新潟出張では国道113号線を必ず通る」、
「出張は新幹線のぞみ113号に搭乗」・・・


こうした“験担ぎ”こそが
「最後まで諦めない強い精神力!」
を物語っているといえます。

まさに、
「念ずれば通じる!」
とは、このことですね!
[PR]
# by niwa_kaikei | 2016-08-10 11:23

未来は変えられる!!

先日、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー inコンサート」を鑑賞してきました。

なんと映画とオーケストラが一緒!

つまり、映画シーンのバックミュージックをオーケストラが同時に生演奏しているのです。

2015年は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にとって節目の年だそうです。

第1作の公開から30年目、第2作で主人公がやってきた未来の年が2015年だからです。

こうした記念イベントの一環で開催されたものでした。

久しぶりにこの映画を観て思ったことは、

「過去が変わると未来が変わる」

ということです。

現実世界には、デロリアンはないので過去は変えることは不可能です。

しかし、 
「現在の行動を変えることで、未来を変えることができる!」

のだと・・・。

会計、決算書も同じですよね!

経営計画を策定して意識を変えることで、きっと未来の数字を変えることができるはずです。

『他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。』
(エリック・バーン:カナダ精神科医、心理学者)

本年も皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
[PR]
# by niwa_kaikei | 2016-01-01 13:38

好きこそ物の上手なれ!

先日、なにかと話題のO家具の「全館売りつくしバーゲン」に行ってきました。

興味本位の軽い気持ちからでした。

なんとなく書棚が目に留まり、近くの女性店員に説明を求めたところ、

その説明に

「感激!」

見た目では解らない木の素材の説明から始まり、

強度や重さに至るまですべてが

「納得!」

「長く使用できる、本当に良い買物ですよ!」と・・・。

入社2年目にもかかわらず、その知識もさることながら、

家具が好きでこの仕事を選んだという気持ちが

「ビシビシ!」

伝わってきて、フレッシュな新鮮さに心地よさをも感じました。

『好きこそ物の上手なれ!』

というように、

人は好きなことに対しては熱心に努力するので、上達も早いものです。

仕事とは、こうありたいですね!
[PR]
# by niwa_kaikei | 2015-12-20 13:47

幸福が飛んでくる!

今、事務所の中で胡蝶蘭の花が咲いています。

それも、 「二度咲き!」です。

事務所移転でいただいた胡蝶蘭の花が散った後、再び咲くかどうかチャレンジしていました。

個々の株を小さな植木鉢に移して、肥料や土を加え、5か月目の3月にようやく1輪の胡蝶蘭が咲きました。

そして、今現在は、なんと20輪ほどの胡蝶蘭の花が咲いています。

胡蝶蘭の花言葉は、

「幸福が飛んでくる」

といわれ、蝶のようにひらひらと幸せが舞い込んでくるのだそうです。

まさに、縁起の良いお花ですね!

花を見ながら、

「幸福」が皆様の処へも飛んでいくことを心より願っております。

[PR]
# by niwa_kaikei | 2015-07-14 13:53

諸行無常

昨年9月に再開発による立退きで事務所を移転してから、はや10ヶ月が経過しました。

新事務所にも慣れ、今となっては以前の事務所が懐かしく感じられる今日この頃です。

移転前の場所は、まさに取壊中です。ビル全体がフェンスで覆い隠され、中から取壊作業の轟音が聞こえてきます。

時間の経過とともに取壊しが進み、フェンスの高さもどんどん低くなって、従来の建物に隠れて見えなかった風景が広がっています。

将来、この地に巨大な建物が新築されると、その存在が当然の景色と感じられ、きっと、残念ながら昔の建物があった景色がすっかり忘れ去られてしまうことでしょう。

まさに、「諸行無常」を感じます。「諸行無常」といえば、「平家物語」が有名ですね。

昔、学校の授業でその意味もよく解らず丸暗記させられた記憶があります。

『平家物語』

祗園精舎の鐘の声、 諸行無常の響きあり。

娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらはす。

おごれる人も久しからず、 ただ春の夜の夢のごとし。

たけき者も遂にはほろびぬ、 ひとえに風の前の塵に同じ。

ちなみに「諸行無常」の意味を調べてみると、「この世に存在するすべてのものは、同じ状態を保つことなく移り変わっていき、永久不変なものなどないということ」だそうです。
[PR]
# by niwa_kaikei | 2015-06-26 12:26

世相を表す漢字一文字 ~「税」~ について

昨年の年末に世相を表す漢字として「税」が決まりました。

消費税率の引き上げや相続税の増税など今後も税に対する関心が高まっていくものと思われます。

江戸時代には、間口の広さで税を課していたようです。そのため、今でも京都などには間口が狭く細長い家、 「うなぎの寝床」と呼ばれる細長い町屋が多く残っています。

中世のオランダでも「間口税」があり、やはり細長く奥行きの深い建物が運河沿いに多く建てられました。こうした税対策がきっかけとなってできた建物の隠れ部屋で暮らしたアンネ・フランクが、 「アンネの日記」を書いたことは興味深い話です。

イギリスでは窓が多いと課税される「窓税」もありました。これにより、税金から逃れるために窓をふさいだ家ばかりが建築され、結果として健康を害した人も多かったようです。

税が生活に大きな影響を与える点は、今も昔も同じといえます。

しかし、税に振り回されない価値基準を持つことも一方で大切なことかもしれません!
[PR]
# by niwa_kaikei | 2015-01-01 09:15

成功の ”コツ” とは?

先日、ある社長さんから教わったお話をご紹介させていただきます。

社長 : 「 成功のコツを2つ教えてあげよう 」

私  : 「 何ですか? 」

社長 : 「 コツは2つなので・・・ 」   


     『 コツ! コツ! 』

確かに、横綱白鵬も1勝1勝の積み重ねによって歴代優勝記録が達成できます。

また、ヤンキースのイチローにしても1打席1打席のヒットを積み上げた結果が10年連続200本安打などの大記録になります。

つまり、偉大な成功は決して一朝一夕には築けるものではなく、

あくまで「コツコツ」と小さな成功を積み上げることではじめて成就できるものだと実感させられます。

まさに

『 Rome was not built in a day. (ローマは一日にして成らず) 』

ですね!
[PR]
# by niwa_kaikei | 2014-12-01 16:14

事務所移転 ~新事務所の目の前は・・・~

新事務所の目の前には“江戸通り”を挟んで「常盤小学校」という都心のビルに囲まれた区立小学校があります。

調べてみると都内でも有数の歴史ある小学校で創立140年超。

校舎は関東大震災の後に再建された復興小学校の1つで東京都選定歴史的建造物にも指定されているのだそうです。

また、学校内にはなんと第二次世界大戦時の防空壕も残っているとのことです。

事務所の窓からこの小学校がよく見えて、

子供たちが元気に走り回る姿が我々を元気づけてくれ、

毎日たくさんのパワーをいただけているような気がしております。

私のパワーの源の一つなのかもしれません!

お近くへお越しの際にはぜひお立ち寄り下さいませ。
[PR]
# by niwa_kaikei | 2014-10-01 18:20